ラメラ構造って何?どんな働きをしているの?

ラメラ構造って何?どんな働きをしているの?

ラメラ構造

 

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームは、肌と同じラメラ構造の化粧品です。
肌と同じ構造にすることでスッと肌になじみ、しっかりうるおい成分を肌に届けてくれるんですね。

 

では「ラメラ構造」とはどういうものなのでしょうか?
またどんな働きをしているのでしょうか?

 

トップページでも簡単にふれましたが、ここで再度詳しく見てみましょう。

 

肌(皮膚)は3つの層でできている

肌は一番外側から順番に「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という3つの層でできています。

 

表皮は厚さ0.2mmという非常に薄い膜ですが、紫外線などの外部刺激から肌を守り、また肌内部の水分が外部へと逃げるのを防ぐ、非常に重要な働きをしています。

 

真皮は表皮の下(内側)にあり、平均して約2mmの厚さがあります。
真皮の7割はコラーゲンと呼ばれる線維が占めています。

 

真皮の中を網目状に走るコラーゲンを、ところどころでつなぎとめているのがエラスチンと呼ばれる線維です。

 

そしてこれらの間を、ヒアルロン酸を中心としたジェル状の基質が埋めています。

 

コラーゲンやエラスチンは弾性繊維とよばれる弾力のある線維で、肌のハリや弾力の元になっています。
またヒアルロン酸は肌にうるおいと柔軟性を与えているんですよ。

 

皮下組織はそのほとんどが皮下脂肪でできています。

 

女性にとってはあまりうれしくない響きの皮下脂肪ですが、

  • 外部からの衝撃をやわらげるクッションとしての働き
  • 体温を一定に保ち、外部からの熱や寒さを遮断する働き
  • 脂肪の形でエネルギーを蓄える働き

など、重要な働きをしています。

 

ラメラ構造は表皮の中にある

表皮はさらに外側から「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、「基底層」という4つの層でできています。
肌のラメラ構造というのは、角質層の中に存在する構造です。

 

上述のように表皮はわずか0.2mmという薄い膜ですが、その中の角質層は0.02mmというさらに薄い膜です。

 

この0.02mmという薄い膜の中に、角質細胞と呼ばれる細胞が重なり合って存在し、そしてその角質細胞の間を細胞間脂質と呼ばれる水と油が交互に層を成す成分が何層にもなって存在しているんです。

 

「ラメラ」というのは「層状」という意味。
細胞間脂質が角質細胞の間を埋める層状の状態(構造)を、肌のラメラ構造と呼んでいるわけなんですね。

 

ラメラ構造の働き〜バリア機能

ラメラ構造は「皮脂膜」、「NMF(天然保湿因子)」と並んで、肌のバリア機能を担う大切な働きをしています。

 

皮脂と汗が混ざり合ってできる皮脂膜は、肌の表面を覆って外部刺激から肌を守るとともに、肌内部の水分が蒸発するのを防いでいます。

 

NMF(天然保湿因子)は水分を抱え込んで、肌のうるおいを維持する働きをしています。

 

そしてラメラ構造を成して細胞間の隙間を埋めるように存在する細胞間脂質が、肌内部のうるおいが外部へ漏れ出さないようにしているんですよ。

矢印

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリーム

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームの特徴
白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームは人の肌の中に存在するセラミドと同じ構造の、「ヒト型セラミド」を配合。化粧品そのものを肌と同じラメラ構造にすることで浸透力を高め、うるおいを実感できるスキンケアです。抗シワ効能評価試験済み、また「赤ら顔改善効果」が医学誌に掲載された確かな実感力が自慢です。
価格
3,700
評価
評価5
備考
価格は定期初回価格(税抜)送料無料。
管理人早紀のコメント
こっくりとしたテクスチャーのクリームですが、伸ばすととってもみずみずしく、気持ちよく伸び広がります。ハンドプレスでしっかりなじませるとベタつきもなく、お肌は手に吸い付くようにしっとり・モッチリ。ハンパない保湿感はクセになります。使い続けるうちにお肌の内側からうるおうのが実感でき、指で押すとはね返されるような弾力も。乾燥肌や乾燥小じわにお悩みのあなたにぜひおすすめしたいスキンケアです。