赤ら顔の原因って何?改善する方法はあるの?

赤ら顔の原因って何?改善する方法はあるの?

赤ら顔の女性

 

顔が全体的に、または鼻や頬など目立つ部分が赤くなった状態の顔を赤ら顔と呼んでいます。

 

この記事では赤ら顔の原因とはどういうものなのか、また赤ら顔を改善する方法とはどのようなものなのかをご紹介します。

 

赤ら顔の原因って?

赤ら顔は生まれついてのものや、加齢に伴うものもありますが、それ以外に次のような原因が考えられます。

 

肌(皮膚)が薄い

肌が赤く見える原因のひとつに、通常の状態よりも毛細血管が目立って見えるということがあります。

 

毛細血管は真皮の中に存在し、通常は外側から見えることはありません。

 

しかし真皮の上の層である表皮が薄いと、真皮の中の毛細血管が透けて見えるようになり、それが肌の赤みになるんです。
頬や鼻といった皮膚の薄い部分は、特に赤くなりやすい部分です。

 

毛細血管の拡張

毛細血管は外気温に合わせて拡張したり収縮したりすることで、体温を一定に保つ働きをしています。

 

寒暖差が大きいと毛細血管は拡張と収縮を繰り返すことになり、やがて収縮する力が低下して拡張したままになってしまうんです。

 

こうして拡張したままの毛細血管が顔の赤みとなって見えるわけですね。
体質的に毛細血管が拡張している人や、毛細血管が多い人もいます。

 

ニキビによる炎症

炎症をともなって赤く見えるいわゆる「赤ニキビ」ができると、炎症によって血管が拡張してニキビの周辺の肌も赤く見えます。

 

この場合、通常はニキビが治るのと同時に周辺の炎症も治まります。

 

ところがニキビを繰り返していると、炎症による赤みが肌に色素沈着してしまい、それが赤みとなって見えるんです。

 

脂漏性皮膚炎

過剰に分泌された皮脂が酸化して肌の常在菌と反応すると、肌は炎症を起こして赤くなります。

 

鼻や鼻の周辺など、皮脂が多く分泌されるところに起こりやすいです。
過剰な皮脂分泌はニキビをともなうこともあり、そうなるとさらに赤みが増してしまいます。

 

アルコールや香辛料等の過剰摂取

アルコールや香辛料には毛細血管を拡張させる作用があります。
過剰に摂取すると拡張した血管に血流が滞り、血液が溜まって顔の赤みとなって見えるんです。

 

赤ら顔を改善する方法

食生活を見直す

上述のとおりアルコールや香辛料の過剰摂取は赤ら顔の原因になります。
これらの過剰摂取がないか、食生活を見直してみましょう。

 

スキンケアを見直す

肌への刺激になるような、洗浄力の強いクレンジング料や洗顔料は控え、マイルドな洗浄力のものを使うようにしましょう。

 

またクレンジングや洗顔の際に、顔をゴシゴシ擦るのもNG。

 

ビタミンC誘導体が配合された化粧品は肌の炎症を抑える効果がありますよ。

 

皮膚科での治療

食生活やスキンケアの見直しで改善しない中等度〜重症の赤ら顔は、皮膚科での治療もひとつの選択肢です。

 

赤ら顔の治療法には光治療やレーザー治療、硬化療法などがあります。

矢印

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリーム

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームの特徴
白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームは人の肌の中に存在するセラミドと同じ構造の、「ヒト型セラミド」を配合。化粧品そのものを肌と同じラメラ構造にすることで浸透力を高め、うるおいを実感できるスキンケアです。抗シワ効能評価試験済み、また「赤ら顔改善効果」が医学誌に掲載された確かな実感力が自慢です。
価格
3,700
評価
評価5
備考
価格は定期初回価格(税抜)送料無料。
管理人早紀のコメント
こっくりとしたテクスチャーのクリームですが、伸ばすととってもみずみずしく、気持ちよく伸び広がります。ハンドプレスでしっかりなじませるとベタつきもなく、お肌は手に吸い付くようにしっとり・モッチリ。ハンパない保湿感はクセになります。使い続けるうちにお肌の内側からうるおうのが実感でき、指で押すとはね返されるような弾力も。乾燥肌や乾燥小じわにお悩みのあなたにぜひおすすめしたいスキンケアです。