敏感肌って何?どんなスキンケアをすればいいの?

敏感肌って何?どんなスキンケアをすればいいの?

敏感肌の女性

 

化粧品で肌が赤くなったり、乾燥するとヒリヒリ痛んだりかゆくなったりするのが敏感肌のひとつの特徴ですね。

 

また回復力がないために、そうした肌トラブルがなかなか治らないのも敏感肌の特徴です。

 

この記事では、敏感肌とはどのような肌質のことをいうのか?また敏感肌に合ったスキンケアとはどのようなものなのか?といった点について、それぞれご紹介したいと思います。

 

敏感肌とは

敏感肌というのは、角質層の保水力が低下して肌のバリア機能が働いていない状態の肌のことです。

 

角質層の保水力が低下する一番大きな原因は、角質層で水分をキープし、肌のバリア機能を担う働きをしている「細胞間脂質」の主成分である「セラミド」が不足してしまうことです。

 

本来は角質層の中をびっしり埋めることで水分が外部へ逃げるのを防いでいる細胞間脂質ですが、セラミドが不足すると隙間だらけの状態になり、水分が外部へどんどん流出してしまうんですね。

 

また皮脂の分泌量が不足すると、肌の表面を覆って肌のバリア機能をになっている皮脂膜が不十分な状態になります。

 

その結果、肌内部の水分が蒸発しやすくなり、また外部からのちょっとした刺激にも肌が過剰に反応し、様々な肌トラブルの原因になってしまうんです。

 

また皮脂膜が十分にある肌は弱酸性で、肌の善玉菌が元気な状態です。
皮脂膜が不十分になると肌はアルカリ性に傾き、悪玉菌が増殖しやすくなるんですね。

 

これも肌トラブルの原因のひとつなんですよ。

 

敏感肌に合ったスキンケア

上記のとおり敏感肌というのは、肌の保水力・保湿力が低下して肌のバリア機能が低下している状態です。

 

ですから敏感肌のスキンケアのポイントは、何と言っても「保湿」です。
保湿ケアによって角質層の保水機能を高め、それによって肌のバリア機能を高めることが最重要課題です。

 

また刺激に対しても非常に敏感になっているので、肌に刺激を与えないケアというのも大切なポイントです。

 

クレンジング&洗顔

クレンジング料は肌の上に置いておく時間はできるだけ短くします。
メイクがなじんだらすぐに洗い流しましょう。

 

ふき取るタイプのクレンジングは肌への摩擦になるので、洗い流すタイプのクレンジングがおすすめです。

 

洗顔の基本は指ではなく「泡で洗う」ことです。
洗顔料をたっぷり泡立てて、泡で肌をマッサージするようにやさしく洗いましょう。

 

決して指でゴシゴシ擦ったりしないでくださいね。

 

洗顔後のタオルで顔を拭くときも、顔を押さえるようにやさしく水気を切るようにしましょう。

 

保存料や防腐剤などは肌への刺激になることがあるので、できるだけ無添加の化粧品を選ぶようにしたいですね。

矢印

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリーム

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームの特徴
白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームは人の肌の中に存在するセラミドと同じ構造の、「ヒト型セラミド」を配合。化粧品そのものを肌と同じラメラ構造にすることで浸透力を高め、うるおいを実感できるスキンケアです。抗シワ効能評価試験済み、また「赤ら顔改善効果」が医学誌に掲載された確かな実感力が自慢です。
価格
3,700
評価
評価5
備考
価格は定期初回価格(税抜)送料無料。
管理人早紀のコメント
こっくりとしたテクスチャーのクリームですが、伸ばすととってもみずみずしく、気持ちよく伸び広がります。ハンドプレスでしっかりなじませるとベタつきもなく、お肌は手に吸い付くようにしっとり・モッチリ。ハンパない保湿感はクセになります。使い続けるうちにお肌の内側からうるおうのが実感でき、指で押すとはね返されるような弾力も。乾燥肌や乾燥小じわにお悩みのあなたにぜひおすすめしたいスキンケアです。