正しいUVケア・紫外線対策の方法

正しいUVケア・紫外線対策の方法

UVケア

 

肌の老化は加齢によるものが2割、紫外線による「光老化」が8割だと言われています。
まさに紫外線はお肌の大敵、美肌の大敵だと言えます。

 

でもこの事実は、「しっかり紫外線対策をすれば肌の老化の8割は抑えることができる」とも考えることができます。

 

この記事では正しいUVケア、正しい紫外線対策をご紹介します。
毎日のスキンケアでしっかり紫外線対策を行い、肌の「光老化」を抑えましょう。

 

紫外線の影響とは?

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3つの種類があります。

 

UV-Cは地球上空のオゾン層で吸収され、地上には届きません。
UV-AとUV-Bは地上に届き、UV-Aはガラスも透過するため、室内や車の中でも注意が必要です。

 

UV-Bは肌の表皮に作用し、肌が赤くなる「サンバーン」、その数日後に肌が黒くなる「サンタン」という日焼けを引き起こします。

 

UV-Aは肌の真皮に達し、コラーゲン線維やエラスチン線維を変性させてシワやたるみを引き起こします。

 

SPFとPAの意味って?

日焼け止めを選ぶ際の基準になるのがSPFとPAの数値ですね。
SPFというのは「Sun Protection Factor」の略で、UV-Bを防ぐ効果を表す数値です。

 

UV-Bを浴びてから日焼けするまでの時間は、約20分だと言われています。
SPFの後についている数値は、この時間をどれくらい伸ばせるかというものです。

 

例えばSPF30なら、

 

  • 20分×30=600分(10時間)

 

10時間は日焼けするまでの時間を伸ばすことができるという意味になります。

 

一方のPAは「Protection Grade of UVA」の略で、UV-Aを防ぐ効果を表す数値で、次のような意味があります。

 

  • PA+:効果がある
  • PA++:かなり効果がある
  • PA+++:非常に効果がある
  • PA++++:極めて高い効果がある

 

日焼け止めの選び方

SPFは50+が、PAは上記のとおりPA++++が最も紫外線予防効果が高いものです。

 

しかしどんな時でも一番効果が高い日焼け止めを使う必要はありません。
日常の散歩や買い物、通勤等ならSPF25、PA++程度のもので十分。

 

逆に海や山でのレジャーや、炎天下でのスポーツなどの場合は、SPF50以上、PA+++以上のものを使うようにしましょう。

 

正しいUVケアの方法

日焼け止めの効果を最大限に引き出すためには、十分な量をムラなく伸ばすことが大切です。
また2〜3時間おきを目安に塗り直すようにしましょう。

 

水や汗に強いウォータープルーフを謳う日焼け止めでも、衣服と擦れたりして日焼け止めは落ちてしまうものです。
やはり塗り直しは必須ですよ。

 

日焼け止め対策グッズ

日焼け止めクリームを塗るだけではなく、

  • つばの広い帽子
  • 日傘
  • サングラス

などの日焼け止め対策グッズを上手に使い、日焼け止めの効果を高めましょう。

 

長袖の服を着たり、外出の時はできるだけ日陰を歩くようにするのも効果的ですよ。

矢印

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリーム

白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームの特徴
白漢 しろ彩 セラミドリッチクリームは人の肌の中に存在するセラミドと同じ構造の、「ヒト型セラミド」を配合。化粧品そのものを肌と同じラメラ構造にすることで浸透力を高め、うるおいを実感できるスキンケアです。抗シワ効能評価試験済み、また「赤ら顔改善効果」が医学誌に掲載された確かな実感力が自慢です。
価格
3,700
評価
評価5
備考
価格は定期初回価格(税抜)送料無料。
管理人早紀のコメント
こっくりとしたテクスチャーのクリームですが、伸ばすととってもみずみずしく、気持ちよく伸び広がります。ハンドプレスでしっかりなじませるとベタつきもなく、お肌は手に吸い付くようにしっとり・モッチリ。ハンパない保湿感はクセになります。使い続けるうちにお肌の内側からうるおうのが実感でき、指で押すとはね返されるような弾力も。乾燥肌や乾燥小じわにお悩みのあなたにぜひおすすめしたいスキンケアです。